【遠征プラン2】CHALLENGE LISBOA

遠征プラン for TRIs

Challenge Family主催の「CHALLENGE LISBOA」の遠征プランを立ててみました。

Official HP
CHALLENGE LISBOA

CHALLENGE LISBOAとは

Triatlo Challenge Lisboa 2018

毎年5月にポルトガルの「リスボン (Lisboa)」で開催されているミドルディスタンストライアスロンのレースで、5-6月にスロバキアで開催されている「THE CHAMPIONSHIP(通称・スロバキア)」の予選会の一つです。

距離は「スイム:1.9km、バイク:90km、ラン:21.1km」。

2020年大会については当初、5月23日(土曜日)に開催される予定でしたが、COVID-19の世界的パンデミックによって、9月12日(土曜日)に延期(Postponed and Rescheduled)となりました。

なお、併催としてスプリントディスタンストライアスロン(スイム:750m、バイク:23km、ラン:5.3km)等も開催されております。

開催地・ポルトガル リスボン (Lisboa)

場所

リスボンはポルトガルの首都で人口約300万人。24の行政教区で構成されております。
欧州の最西端に位置するとしてして最大の都であります。

年間平均気温、降水量、水温


by NOAA.

(当初の開催月であった)5月の最高・最低気温は「22℃/14℃」、(リスケされた)9月は「26℃/17℃」。5月は少々肌寒いかもしれませんが、9月はちょうど良いのではないでしょうか。

水温


by climatetravel.com

(当初の開催月であった)5月の水温は「17℃」、(リスケされた)9月は「20℃」。
気温よりもこちらの方が、(良い意味で)インパクトがあるかもしれません。水温17℃は寒いですので、スイムキャップを2重に被ったり(日本から1枚持参)、スポーツバルムを塗ったりして対応した方が良いです。20℃なら寒さ対策は特に不要と思われます。

Amazon | SPORTSBALM(スポーツバルム) レッド2 ミディアムマッスルバルム【温熱系】 R2SB000260X | SPORTSBALM(スポーツバルム) | オイル
SPORTSBALM(スポーツバルム) レッド2 ミディアムマッスルバルム【温熱系】 R2SB000260Xがオイルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

通貨

ポルトガルの通貨は「ユーロ(EUR)」です。

(参考)ユーロ/円のレート

基本的な支払いはクレジットカード (VISAもしくはMaster)にしておき、現地でキャッシュが必要となった場合は、現地ATMにてクレジットカードのキャッシングで現地通貨をゲットしたほうがお得です。

また、マネーチェンジャーや銀行で日本円からユーロに両替も可能ですので、現地通貨で困ることはないと思われます。

最寄り空港 リスボン・ウンベルト・デルガード空港 (LIS)

レース会場の最寄りとなる空港は「リスボン・ウンベルト・デルガード空港(空港コード:LIS)」です。かつての空港名は「リスボン・ポルテラ空港」でしたが、2016年に現在の名称に変わっています。

※空港名が人物名になるのは近年のトレンドです。ホノルルも”ダニエル・K・イノウエ空港”になりました。

レース会場

レース会場となる場所をピックアップしました。

こちらの赤丸のところがレースのメイン会場「Rossio dos Olivais」です。
主に「大会本部(Race Office)、展示ブース(Expo)、受付(Registration)、バイクチェックイン(Bike check-in)」などがこことなります。

Challenge Lisboa 2019 – Briefing Middle Olympic

 

Race briefing movie.

なお、競技説明会(Race Briefing)は特に開催されず、各々がYoutubeで確認する模様。
※言われてみれば、Challenge Familyの競技説明会は出たことがないです。

コースマップ

私は現地の宿を決める際、コースマップをよく見ます。
「スイム会場から近いか、もしくはアクセスが良いか」、「フィニッシュエリアから近いか」、「ランの沿道沿いか」などなど、かなり多くの情報が詰まっているためです。

なので、コースマップという見出しを作っております。

この大会は(ミドルですが)、全体的にコンパクトなコース設計となっておりました。

スイム

1.9kmコースをワンウェイ。
テージョ川を泳ぐ…というわけではなかったですが、一応同じ水質ではあります。

なお、このマップは右側が北になるので、左に90度回すことで、Googleマップとの整合が取れるようになります。

バイク

約22.5km/lapを4laps。
テージョ川を横目に見つつ走るコース。トランジションエリア1(T1)とトランジションエリア2(T2)は同じ場所。

ラン

約2.5km/lapを4laps。
バイク同様、テージョ川を横目に見つつ走るコース。

宿

by Booking.com

レース会場周辺の宿を調べました。
アパートメントが多かったです。複数人で泊まるには良いんですが、一人で遠征だと割高になってしまいますが仕方ないかな…。数は少ないですが、ホテルもありました。

10,000円/泊くらいを目安にし、レース会場に歩いて行けそうな、近いところを取れば良いと思います。

交通手段

リスボンまで

ポルトガル入国までの「空路」、ポルトガル国内の「陸路」に分けました。

空路

日本<->ポルトガルには直行便がありません。
なので、何処かを経由してポルトガルに向かうことになります。

※空路については追記・更新の可能性があります(2020年4月現在)。

日本 <->トランジット<->ポルトガル (リスボン)


by Wikipedia リスボン・ウンベルト・デルガード空港

国際線でポルトガル入りします。
スカイスキャナーで「東京-リスボン」で検索し、代表的な(安そうな)空路を調べてみました。
※フライトスケジュールは航空会社の都合によって変わる可能性があります。

ターキッシュエアラインズ

2020年から羽田発の便が出来た「ターキッシュエアラインズ」。
欧州便へのアクセスが非常に便利かつ、エアチケット代はそれなりにリーズナブルな価格です。が、スポーツ用品(バイクシッピング)が別料金。

バイクシッピングについて


https://www.turkishairlines.com/ja-int/any-questions/sports-equipment/bicycle/

バイクシッピングに関する規定は公式HPに掲載されています。
まずは、この基本的なルール(タイヤの空気を抜く、ペダルを取り外す等)を守ることになります。

Di2やeTAPのバッテリーは外して、機内持ち込みして下さい。場合によっては航空会社によって勝手に捨てられます(バッテリーを預けるのはルール違反なので泣き寝入りです)。

寸法・重量規定


https://www.turkishairlines.com/ja-int/any-questions/sports-equipment/

ターキッシュエアラインズの場合、寸法による規定は特にないですが、「重量32kg」という規定がありますので、この重量内に納めます。シーコンでもこの重量を超えることはないでしょう。

Sci Con AEROCOMFORT 3.0 TSA トライアスロン バイク トラベルバッグ
Sci Con AEROCOMFORT 3.0 TSA トライアスロン バイク トラベルバッグ
オーバーチャージ


by Turkish Airlines Special charges

ターキッシュエアラインズを使うにあたって、ネックなのがオーバーチャージです。
「日本-トルコ」、「トルコ-ポルトガル」でそれぞれにオーバーチャージがかかります。
※2020年4月現在。

【日本-トルコ】

日本-トルコは「60ユーロ/片道」です。

【トルコ-ポルトガル】

トルコ-ポルトガルは「30ユーロ/片道」です。

つまり、合計で90ユーロ/片道、往復で180ユーロ(約21,000円)となり、これがエアチケット代に乗り、この場合は総額で約100,000円。

カタール航空

カタール航空。ワンワールドです。

バイクシッピングについて


https://www.qatarairways.com/ja-jp/baggage/special-items.html

バイクシッピングに関する規定は公式HPに掲載されています。


まずは、この基本的なルール(タイヤの空気を抜く、ペダルを取り外す等)を守ることになります。

Di2やeTAPのバッテリーは外して、機内持ち込みして下さい。場合によっては航空会社によって勝手に捨てられます(バッテリーを預けるのはルール違反なので泣き寝入りです)。

寸法・重量規定

カタール航空のエコノミークラスのエアチケットの重量規定は30kgです。
寸法は特になさそうで、シーコンでも特に問題はありません。

ただし、これはバイクケースおよびその他荷物(スーツケース等)を含む重量で、この重量以内であれば、無料範囲となります。バイクポーター(pro含む)等を使えば、十分無料範囲内に納められるので、これを機会にバイクパーツをバラして組み立てられるスキルを付けると良いと思います。

QBICLE (キュービクル) バイクポーター PRO コンパクトサイズ ブラック
QBICLE (キュービクル) バイクポーター PRO コンパクトサイズ ブラック
QBICLE(キュービクル) eco-trolley
QBICLE(キュービクル) eco-trolley
QBICLE(キュービクル) BIKE POTER BAG PRO (バイクポータープロ用バッグ)
QBICLE(キュービクル) BIKE POTER BAG PRO (バイクポータープロ用バッグ)
オーバーチャージ

カタール航空は前述の規定内であればオーバーチャージが掛かりません。
※2020年4月現在。

従って、(今回の場合は)往復で約71,000円となります。

エミレーツ航空

エアバスの2階建て飛行機「A380」を大量に持つエミレーツ航空

バイクシッピングについて


https://www.emirates.com/jp/japanese/before-you-fly/baggage/checked-baggage/

バイクシッピングに関する規定は公式HPに掲載されています。

Di2やeTAPのバッテリーは外して、機内持ち込みして下さい。場合によっては航空会社によって勝手に捨てられます(バッテリーを預けるのはルール違反なので泣き寝入りです)。

寸法・重量規定


https://www.emirates.com/jp/japanese/before-you-fly/baggage/unusual-baggage-and-special-allowances/

3辺の合計は300cm以内です。
シーコン、バイクポーター(pro含む)で問題なしです。

重量ですが、25kgまでは無料です。(上記の8万円というエアチケット代はSaverになります)

これはカタール航空同様、バイクケースおよびその他荷物(スーツケース等)を含む重量で、この重量以内であれば、無料範囲となります。なので、カタール航空よりも5kg厳しいということです。

規定内に収めようと思えば抑えられるでしょうが、重量マージンが無くなります。往路はよくても、復路では(お土産などを買ってしまうと)はみ出るかもしれません。はみ出た分は機内持ち込み(7kgまで)で対応・・・かな。

私がエアチケットを取るなら

「羽田・成田空港<->トランジット<->ポルトガル」でエアチケットを取ります。(これしか選択肢が無い)

どの航空会社を選ぶかなんですが、「カタール航空」か「エミレーツ航空」です。
なぜなら、バイクシッピングのオーバーチャージがかからないから。なお、今回ピックアップしなかったヨーロッパ系の航空会社については、その多くはバイクシッピングのオーバーチャージを取ります。

あとは、各々のスケジュールを考慮して、空路を決めると良いと思われます。

レース会場まで

空港からレース会場は直線距離で約2-3kmです。
路線バスで約20分、自動車(タクシー)だと約10分弱です。メトロもあります。

歩ける距離ではありますが、移動はメトロもしくは路線バスのほうが良いと思います(安いので)。

メトロ

赤い路線が空港からレース会場最寄りの駅に行きます。
空港から3駅目の「Oriente駅」が最寄りとなります。これが一番ラクそうです。

(参考)リスボン空港から市内へのアクセスは地下鉄が便利

路線バス

路線バスの経路となります。
イメージとしては、「空港から駅に向かう」です。

208 Estacao Oriente」行きのバスに乗ればOK。

乗り方

こちらを参考にしてください。

(参考) ポルトガル旅行、リスボンのメトロや交通機関の乗り方、料金は?

バスやメトロで使えるチケット(ヴィヴァ・ヴィアジェン(viva viagem))があり、それにお金をチャージしつつ使うようです。購入場所は駅等に併設されている券売機など。

遠征の日程例

2020年大会を例に遠征日程を考えました。

・1日目(2020年9月9日(水曜日))
日本を出発。

・2日目(2020年9月10日(木曜日))
ポルトガル(リスボン)入り。
レース会場入り。
バイク組み立て。
受付。
Expo散策、お買い物。

・3日目(2020年9月11日(金曜日))
簡単な試走。
バイクチェックイン。

・4日目(2020年9月12日(土曜日))
レース当日。
表彰式出席。
片付け。

・5日目(2020年9月13日(日曜日))
リスボン観光。

・6日目(2020年9月14日(月曜日)-15日(火曜日))
帰国日。

私の場合

いつものことですが、日程をかなり攻めます。

・1日目(2020年9月10日(木曜日))
日本を出発。

・2日目(2020年9月11日(金曜日))
ポルトガル(リスボン)入り。
レース会場入り。
バイク組み立て。
受付。
Expo散策、お買い物。
バイクチェックイン。

・3日目(2020年9月12日(土曜日))
レース当日。
表彰式出席。
片付け。

・4日目(2020年9月13日(日曜日)-14日(月曜日))
帰国日。

単にレースへ出場するだけで、ノンビリ要素ゼロです。
日本から欧州へ(つまり西方面へ)の遠征に関しては、比較的身体に優しいです。欧州の早朝が、日本の夕方に相当するので、身体としては目が覚めているからだと思います。

とはいえ、人によってコンディションは変わってくるため、無理は禁物です。

その他(VISA)

特に不要です。

パスポート1つでOKですが、必要に応じて海外旅行保険には入ることを強く推奨します。

プリペイドSIM

3G回線だけでよければ、Threeデータ通信プリペイドSIMと、SIMフリー端末で通信可能です。個人的には3GBが良いと思います。

Amazon.co.jp: Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【1GB / 30日タイプ】: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Threeデータ通信プリペイドSIM【イギリス含む42ヶ国対応】【1GB / 30日タイプ】: 家電・カメラ

また、jetfonで対応するのも手です(ちょっと割高)

Amazon | MAYA SYSTEM jetfon P6 ブラック 5.7型 メモリ/2GB/16GB nanoSIMx2 /ドコモ・ソフトバンク対応 クラウドSIMスマートフォン ELTP18A04-BK ELTP18A04-BK | スマートフォン本体 通販
MAYA SYSTEM jetfon P6 ブラック 5.7型 メモリ/2GB/16GB nanoSIMx2 /ドコモ・ソフトバンク対応 クラウドSIMスマートフォン ELTP18A04-BK ELTP18A04-BKがスマートフォン本体ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送...

空港内にあるボーダフォンショップでもプリペイドSIMが購入出来るとのことです。(SIMフリー端末が必要です)

リスボン空港でプリペイドSIMカード(Vodafone)購入【ポルトガル】
リスボンの玄関口 リスボン空港でVodafoneのプリペイドSIMを購入しましたのでレポートします。これは2016年時点での情報ですが、2018年時点でも同様にリスボン空港のVodafoneショップでプリペイドSIMが購入可能とのことです。以前はリスボン現地でSIMカードを購入しないと割高だったのですが、最近は、ヨーロ

SIMフリー端末は「対応バンドが多いこと」を基準に選ぶと良いです。そうすれば、圏外になるケースは抑えられますし、「(電波をキャッチ出来ずに)通信できない」といったトラブルも回避出来ます。

Amazon.co.jp: HUAWEI P30 Lite ピーコックブルー 【日本正規代理店品】: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: HUAWEI P30 Lite ピーコックブルー 【日本正規代理店品】: 家電・カメラ

概算費用

エントリー代:約33,000円 (Late entryの場合)
エアチケット代(往復):約71,000円 (バイクシッピング込)
宿代:約10,000円(3泊)
現地移動代:約1,000円(空港<->レース会場)
現地食事代等:約40,000円(10,000円/日、4日分)
その他(SIM、保険代等):約5,000円

総額:約164,000円

ざっくり概算なので、もうちょっと抑えられるかもしれません。
良いところに泊まったり、時期によっては、エアチケットが高くなったり、この総額以上になることも考えらます。

感覚的に「ずいぶん安いな…」です。
2020年4月現在、COVID-19の影響で、一時的にエアチケット代が安くなっているのかもしれません。

あとがき

今回はChallenge Familyの「CHALLENGE LISBOA」を取り上げました。
「ポルトガルって行ったことないなぁ」という思いから、このレースを取り上げました。行ってみたい国の一つなので、そのうちポルトガルのレースにも何か出てみたいところです。

ポルトガルはETU(European Triathlon Union)のマルチスポーツ選手権に立候補しましたが、結局撤退した過去があります。大規模なレースをしたい思いはあるんでしょうが、財政的に難しいのかな・・・と思ったりします。

注意:ここに掲載されている内容については、あくまで参考としてお考えください。私自身の遠征も「あちゃー…(行ったら想定外だった)」ということもしばしばあるため、内容については保証はしません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました